交通事故にあわれた方へ

交通事故にあわれたほとんどの方は、はじめてのことで、つらい痛みと合わせて、どうしたらいいのかわからないという不安を感じていると思います。交通事故の治療と一般の治療には違いがあります。
違いを理解し、適切な治療を受けることが大切です。

交通事故で多い症状

  • 交通事故による首、背中、腰や四肢の「痛み」や「はり」、「コリ」
  • 動かせない、または動かない方向があるなど、交通事故後の首や腰・四肢の運動制限
  • 頭痛、吐き気、めまい
  • 手足に力が入りにくい、または「しびれ」
  • 交通事故のあと、気分が悪い、いらいらする、神経質になる、睡眠障害、記憶力の低下等

症状は後から出ることも。
症状が軽くても早めの治療が重要です。

事故直後は症状が軽かったとしても早めの診療が重要です。
症状が遅れて出てきた場合、診察が遅れると事故との因果関係を立証しにくくなるためです。また、日常の怪我では傷めないような箇所へダメージを受けることも多く、放置すると痛みや後遺症が残り、さらには2次的障害(肩こり・腰痛)へと発展する恐れがあります。
そうならないためにも、早期の治療と継続的な治療が重要です。

当院の交通事故治療の特徴

当院では、医師による診断・治療に合わせて、リハビリ専門のスタッフによるリハビリテーションを受けていただくことができるため、交通事故によるケガに対して、最適な治療を行うことが可能です。

問診・診察

問診や触診と合わせて、レントゲン撮影など精密検査を行います。患者様のお悩みや体の状態を正確に理解した上での診断・治療を行います。

問診・診察
国家資格を持った
リハビリスタッフによる治療

診断結果を基に、国家資格を持ったリハビリスタッフ(理学療法士・柔道整復師)がリハビリを行います。
専門的な知識から、最適なリハビリ方法を提案します。

問診・診察
後遺症診断書の作成

事故による後遺症が残る方には後遺症診断書を作成し、保険会社への対応までを行います。
整骨院や鍼灸院では診断書を書くことができないため、後遺障害の認定をうけることができず、もらえるはずの慰謝料がもらえない場合があります。

問診・診察

※受傷日からの経過期間や前医療機関での治療内容により当院での治療をお受けできない場合がございます。転医ご希望の際は、かならず来院前に電話にてご相談ください。

交通事故治療の流れ

あらかじめ保険会社にご連絡下さい 当院に来院される前に、当院へ通院する旨をあらかじめ保険会社へお伝えください。
問診・診察
問診票の記入

来院された方には、問診票に症状や現在服用されているお薬などご記入いただきます。
記入が困難な方はスタッフが代わりに記入いたします。お気軽にお声がけ下さい。

歩行のチェック
精密検査などを行い、正確な診断をします

問診・触診に合わせて、必要と判断した場合にはレントゲンなどの精密検査を行います。また、経過でMRIなどが必要と判断した場合には、近隣の医療機関に予約をして精密検査をを実施し、正確な診断を下します。

矯正位での歩行チェック
患者さまの状態に合わせた
効果的な治療を行います

点滴療法や投薬、装具療法やリハビリなど、様々な治療方法の中から、必要な方法を選択し、効果的な治療を行います。

お会計
保険会社から連絡があった場合
保険会社から当院に連絡があった場合患者様の窓口負担はありません。
治療後すぐにお帰りいただくことができます。
保険会社から連絡がなかった場合
来院前に保険会社から当院に連絡がなかった場合、一時的に患者様から窓口でお支払いいただきます。
保険会社から連絡があった後、負担いただいた自費分をご返金いたします。
※これは一般的な流れであり、個人差があります。一度受付にご相談ください。