お知らせ

2017.06.25 気象変化と慢性疼痛

6月も最終週になってようやく梅雨らしい天気になってきましたね。
今週は残念ながらずっと雨模様です;;;

運動器慢性疼痛を訴える患者さんに、
「天気が悪くなると痛みしびれが強くなります~」
という訴えをよく聞きます。

気圧、気温、天候の変化と疼痛についての相関性はたくさんの研究、実験モデル
で証明されています。いづれも感覚器としてのセンサーの働き、交感神経の関与
があるようです。

患者の皆さまにはつらい季節ではありますが、その痛みを和らげるお手伝いに
なれば幸いです。

《院長》

お知らせ一覧へ戻る